「マンガタリ」とは?


「マンガタリ」…コミックリーディングとは、

すなわち、

 

「マンガ」を「語る」こと!(そのまんまや)

 

ただしここでは、「マンガについて語る」ことではなく、

「マンガを語って聴かせる」ことを指しています。

マンガ作品の魅力はもちろん、描かれたセリフやナレーション、

時には効果音までをすべて語り尽くし、

本来絵で描かれたマンガの世界を、声とことばで表現しようという試みです。

 

編集長ヒシダが、何度か演るうちにはまったのがきっかけ。

いろんな方の、マンガに対するいろんな想いや表現を楽しみたい。

まあ、そういったイベントですw。

 


マンガタリ編集部


●編集長ヒシダ…菱田盛之

 関西を拠点にナレーター・声優として声の仕事をしている叩き売りおしゃべり屋。

映画・演劇(見る方)・コミック・阪神タイガース・星空・

そしてわんこのごん太くんを生活の潤いに、日々のったりと生きている(^^)。

       詳しいプロフィールはこちらにて→http://nurikabehonpo.jimdo.com/

 

●副編・進行統括K …日捲こよみ

 ときにきめ細やかにバックヤード作業をこなし、ときに編集長の尻を蹴る。

実は編集部の黒幕ではないかと目されているナゾの人物(笑)。

ただいま隠密活動中。

 

●なごみ系見習い…立冬みき

 ふとした弾みに引っ張り込まれて編集部入りした敏腕サポーター。

バックだけでなく、ステージ上をも視野に入れるワザの持ち主とか。

いつしか変身して「なごみ系」の肩書きを覆すのか!?

 

●編集部けったい担当…中村あゆみ

 本公演出演をきっかけに、マンガタリ界の深淵に引きこまれて編集部に。

ナゾのキーワード「けったい」を携え、マンガタリスト&スタッフの

両方面で活躍を期す。

 

●漫☆画読子…美沙香

 本公演・別冊・HALFの出演を制覇し、満を持して編集部参入。

あふれるマンガの知識とマンガ愛で、編集部の進路に

さらなる広さと深さをもたらすか!? 

 

●ヤングヒーロー?…天堂悟志

 編集部の女性率増加に一石を投じる、編集部初の男性部員。

編集長ではまかないきれなくなった若さと爽やかさを

フォローしてくれることを期待されている。


SUPPORTERS


●音響協力…村田良三(petit plateau) 合同会社M音響工房

 編集部のアバウトかつ無茶なお願いをがっちり受け止めて、

マンガタリの音空間を作り上げてくれる、縁の下の超怪力男。

いつもすみませんありがとうございます(^^;。

 

●縁の下のチョコ中…飯田智恵(劇団斬音)

 

 

お近づきになったのは第4号の前。

いつしか受付まわりのムードメーカーに。

毎度ありがとうございます(^▽^)。

 

  

●トランスポーター…てっちゃん

 副編集長Kのご友人…だったはずが、いつの間にやら深入り。

今やすっかり強力な機動部隊に。いつもお世話になっております(^^;。

 

 

●とつげきルーキー・ナギサ…辻渚 

猛アピールの末、編集部に飛び込んだ鉄砲玉娘。

実力を蓄えて、さまざまなステージの上下問わずの躍進せんとの

野望を日々たくましくしつつ、現在関東方面で暗躍中。

 

●自称レギュラー…大牧ぽるん(激団しろっとそん)

 激団しろっとそん団長。

『第2号~モノノケ~』より参入し、そのキャラクターとパワーで

レギュラーポジションの既成事実化を目論んでいた。現在も着々活動中。