音のパワーが加わった!最終稽古

さあ、いよいよ創刊まで残り一日となりましたマンガタリ!

 

昨日、午後いっぱいを使って、大阪市立芸術創造館にて

『マンガタリLIVE創刊号』の最終稽古を行いました。
今回音響を手伝ってもらう、編集長ヒシダのかつての芝居仲間M氏に来てもらい、
音響の打ち合わせと、実際に音を出しながら作品ごとの通しを行いました。

 

選曲しながら稽古していたときにも感じていたことですが、

「音楽」「効果音」の力は偉大ですね~!

音が入った語りはぐぐぐっと臨場感が増し、

演者のノリもよくなって、完成度が一挙にアップしますw。

『準備号』の時に比べると、作品数も増え出演者も増えていますので、

 それにつれて使う「音」の数もどんと多くなります。
また、それぞれの演者さんによって

「音」への考え方・取り組み方も違っていますし、
さらに、僕自身はこれまで音の作業に携わったことがないので、

実際の音響作業は、僕が考えているよりもはるかに複雑で大変そう…。
これまでの認識の甘さを思い知りました。

「語り」と「音」のタッグがうまくいってこそいいカタチができる…。

もう音響さんに頭上がりません(^^;。

いよいよ明後日! より楽しんでもらえるよう、最後の詰めをがんばります!

 

《編集長ヒシダ》

 

 

What's New

◆更新情報◆

・2017/04/15

 本公演『第14号』 

 ご予約フォームへリンク追加

・2017/03/27

 トップを本公演『第14号』

 仕様に更新。

・2017/02/19

 『マンガタリHALF #03』

 無事終演! ありがとう

 ございました!